イベント・試写会

森村泰昌のあそぶ美術史 ほんきであそぶとせかいはかわる

開催日時2020年3月7日(土)〜5月10日(日)
9:30〜18:00(入館は17:30まで)
開催場所富山県美術館 2階展示室 2、3、4
休館日水曜日、祝日の翌日(ただし、4月23日(木)〜5月6日(水)は開館)
観覧料一般:900円(700円)、大学生:450円(350円) 高校生以下無料。( )内は20名以上の団体料金。
次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料
〇童、生徒(小・中学生、高校生など)
学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申請書が必要です)
3銅鐚蠶△鬚持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
企画展入場当日に限りコレクション展もご覧いただけます。
美術館の駐車場数は限りがあり、土日・祝日は混雑が予想されます。お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用いただくか、満車の際は、恐れ入りますが周辺駐車場をご利用ください
お問い合わせ富山県美術館
〒930-0806 富山県富山市木場町3-20
TEL 076-431-2711 FAX 076-431-2712

この企画展は、2017年8月に富山県美術館が全面開館して以降初めての大々的なコレクション展です。 ゲストキュレーターに美術家の森村泰昌氏を迎え、時系列や技法等に区分する“一般的な”展示ではなく、「普通のコレクション展示は絶対にやらない、思い切った展示を考える。見え方の発想を変える。これらの試みを、〈あそび〉という三文字に込める。」という森村氏の考えのもとに開催します。

展覧会を6つの章―「第1章 ひっくりかえす」、「第2章 いたずらもたまには ちょっとやるといい」、「第3章 いしころの こえをきく」、「第4章 ちがっているから おもしろい」、「第5章 おおきなうちゅうは ちいさな はこのなか」、「第6章 ほんきでまねると ほんものになる」―に分け、当館のコレクションと森村氏のセルフポートレイト作品などを大胆な文脈で紹介します。

 
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.