チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2018年05月15日(火)

※富山県内のニュースです。


 2020年東京五輪 聖火リレー 県内は2日間

(2018年05月15日 18時04分)

 オリンピックの前に実施される聖火リレーの話題です。

 2020年の東京オリンピックの直前には、県内でも、この聖火リレーが、2日間の日程で行われます。

 これは、15日開かれた県の会議で、示されたものです。

 それによりますと、東京オリンピックの聖火リレーは、県内では、2日間の日程で実施され、聖火ランナー1人あたりの走る距離は、およそ200メートル、時間は2分ほどで、1日に最大100人のランナーが走ることを想定しています。

 聖火リレーが、それぞれの日の最後に到着する市町村では、聖火の到着に合わせて式典が開かれ、自治体やスポンサー各社が到着を盛り上げるということです。

 委員からは、「沿道で声援を送れない高齢者などのために、ケーブルテレビで生中継したらどうか」や、「聖火の到着式を盛り上げられるかが、成功の鍵を握っている」といった意見が、出されました。

 聖火リレーの具体的な日程やルートは、今後、調整が進められます。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.