チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

経済

2018年11月02日(金)

※富山県内のニュースです。


  福井市の事業取得目指す 北陸電力 都市ガス参入へ

(2018年11月02日 18時22分)

 北陸電力が、福井市の都市ガス事業の取得を目指していることが分かりました。

 実現すれば、初めてガス事業に参入することになります。

 北陸電力は、関西電力と敦賀(つるが)ガスの3社でグループをつくり、福井市の都市ガス事業の取得を目指していることが明らかになりました。

 福井市は、公営ガス事業を行っていますが、ガス需要の減少などで厳しい経営環境が続いていて、民間企業へ事業譲渡することを決定し、譲渡先を公募していました。

 譲渡先を選ぶために設置された福井市の委員会が、1日、北陸電力を含むグループを最優秀提案者に選び、答申しました。

 グループが希望する譲り受け価格は67億円です。

 今後、グループと市で交渉を進め話がまとまれば来月下旬に仮契約、2年後の2020年4月に事業譲渡が行われる予定です。

 北陸電力は志賀原発の停止などの影響で、厳しい経営が続いていて、10月31日の中間決算の会見で金井(かない)社長は「新しい事業領域を開拓していかなければならない」と新規事業参入に向けて意欲を示していました。

 福井市の都市ガス事業を譲り受けることが決まれば、北陸電力としては初めてガス事業に参入することになります。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.