チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

経済

2018年11月09日(金)

※富山県内のニュースです。


 日医工中間決算 コスト削減で大幅増益

(2018年11月09日 18時22分)

 国内大手のジェネリック医薬品メーカー日医工の中間決算です。

 4月におこなわれた薬価改定の影響が大きくわずかに減収となったものの、継続的なコスト削減策の取り組み効果などから大幅な増益となりました。

 日医工の2019年3月期の中間決算は、売上高に当たる売上収益が823億4600万円、営業利益は前年同期を大きく上回る47億2000万円で減収増益となりました。

 4月の薬価改定の影響で中間期としては過去最高を記録した前期からわずかに減収となったものの、継続的なコスト削減策の効果で増益を確保した形です。

 また、来年4月に統合を予定しているエルメッドエーザイと、重複する開発品目の開発費を一方に集約することなどで8億円が削減できたとしています。

 「今後(来年)4月以降、エルメッドとの統合によるシナジーとしても、この部分では大きな効果が出てくると考えている」(日医工・田村友一社長)

 ただし、通期の業績予想については来年の消費増税に伴う薬価改定の動きが不透明であることなどから、売り上げ収益は当初予想を下回る1700億円に下方修正しています。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.