チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

スポーツ

2019年02月04日(月)

※富山県内のニュースです。


 大坂なおみ効果 県内でもテニス人気

(2019年02月04日 19時44分)

 全豪オープンで大坂なおみ選手が優勝したことで県内でもテニスへ人気が高まっています。

 県内のなおみ効果を取材してきました。

 「こちらの体育館では30人以上の子どもたちが集まりテニス教室は盛り上がっています」(尾島アナウンサー)

 テニスの楽しさをより多くの人に知ってもらおうと開かれたこの教室は、大坂なおみ選手の人気もありすぐに定員に達したそうです。

 3日の教室には3歳から小学4年生まで31人が参加。

 参加した子どもたちの憧れの選手は…「大坂なおみ選手です」「錦織圭選手」今回、子どもたちを指導した元全日本代表の高雄恵利加(たかお・えりか)プロは…「大坂なおみちゃんの優勝でテニスを始める子もどんどん増えているみたいですごく嬉しいです。富山から全国・世界に羽ばたける選手が増えたら嬉しいなと思います」(高雄恵利加(たかお・えりか)プロ)

そして、中にはこんな参加者も。

 「娘にやりたい?って聞いたらやりたいって言って。それで。ね?」「うん」「楽しかった」(親子)

 実は、今回の参加者の半数近くがテニス初挑戦。

 教室では、未経験でも楽しんでもらえるようにと、テニスの基本となる『ラリー』を風船やテニスボールよりも軽くてやわらかいボールを使って体験していました。

 「楽しかった」(子ども)

 また、3日開かれた北信越地区の男子のトップ選手が集まる室内オープンテニス選手権。

 そこで社会人や大学生の選手を相手に大人顔負けのプレーを見せていたのが…富山第一高校の1年生ペア上村海翔(かみむら・かいと)選手と銘形剛希(めいがた・ごうき)選手です。

 二人はともに中学生の頃から全国の舞台を経験、来月には高校日本一を決める選抜大会に県代表として出場する期待のルーキーです。

 3日の試合では初戦から社会人ペアと対戦。

 経験の差もあり、一筋縄ではいかない相手です。

 しかし怖いもの知らずの2人に年齢差は関係なし。

 上村(かみむら)選手が持ち味の強烈なサーブを連発。

 リズムを作ると…。

 銘形(めいがた)選手も得意のフォアハンドで厳しいコースを次々狙います。

 そして…社会人ペアを見事撃破。

 2回戦は接戦の末、惜しくも敗れたものの来月の選抜大会へ弾みをつけました。

 「当然全国優勝狙っていきたいと思います」(銘形選手)

 「全国優勝目指して1勝1勝大切にしていきたいと思います」(上村選手)

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.