チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年08月23日(金)

※富山県内のニュースです。


 国際的舞台芸術の祭典 シアター・オリンピックス開幕

(2019年08月23日 18時30分)

 日本とロシアを会場とした国際的な舞台芸術の祭典、シアター・オリンピックスが黒部市と南砺市利賀村で開幕しました。

 黒部市で行われたオープニング公演では、僧侶の唱える念仏と打楽器が奏でる音色が幻想的な世界観を演出し、見る者を魅了しました。

 23日開幕した国際的な舞台芸術の祭典、シアター・オリンピックス。

 世界各国で活躍する演出家や劇作家によって1994年に創設され、これまで8か国で開催されてきました。

 9回目となる今回は日本とロシアの共同開催で、国内では黒部市と南砺市利賀村が会場になっています。

 2つの国で共同開催されたのは初めてです。

 23日はオープニング公演を前に関係者を招いたレセプションが行われ、世界的な演出家で芸術監督の鈴木忠志(すずき・ただし)さんも出席しました。

 「演劇に賭ける人々の情熱に驚いてほしい。ロシアに負けないシアターオリンピックスになる」(鈴木忠志さん)

 黒部市で行われたオープニング公演のタイトルは『羯諦羯諦(ぎゃていぎゃてい)』。

 声明(しょうみょう)という仏典に節をつけて僧侶が唱える声楽と、さまざまな打楽器が奏でる音色が融合した演目です。

 会場では、僧侶が伸びやかな声で唱え上げる般若心経と、和太鼓や木琴の音色が呼応して幻想的な世界観をつくりだし、観客を魅了していました。

 シアターオリンピックスは来月23日までの期間中、30作品64公演を予定しています。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.