チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年10月09日(水)

※富山県内のニュースです。


 小学校横でクマ2頭目撃 好物のカキをむさぼる

(2019年10月09日 18時34分)

 富山市大山地域では8日夕方、小学校のすぐ横でクマ2頭がされました。

 近くでは先月からクマの目撃が相次いでいて、住宅そばで好物のカキをむさぼる姿も目撃されるなど住民は不安な日々を過ごしています。

 暗闇の中、カメラが木の上にとらえたのは、1頭のクマ。

 これは今月2日の深夜富山市の大山地域で撮影されたものです。

 ライトに照らされるのもおかまいなしでむしゃむしゃと木になった柿の実を食べています。

 動画を撮影した男性。

 「ここらへんです」庭の木にクマが登っているのを見つけ、家の2階から撮影しました。

 「柿を食べている音がりんごを食べる音のような感じで聞こえた丸々太って毛並みよくて、筋骨隆々で怖かったですね」(撮影した男性)

 また、今月6日には…「杉の木があるあそこがお宮さん。あそこからクマが出てきて、道路を渡ろうとしたのをわしらが見て、元に戻っていった。里のほうまで出てきているから異常だ」(猟友会の男性)

 この付近では、先月からクマの姿や痕跡の目撃が相次いでいて、8日…。

 「クマが目撃されたのは小学校のグラウンドに隣接するこちらの道路です」(記者)

 午後6時ごろ、富山市の福沢(ふくさわ)小学校横の路上で、クマの成獣1頭と子グマ1頭が路肩を歩いているのを通りかかった人が目撃。

 連絡を受けた市の職員が周辺をパトロールして注意を呼びかけました。

 9日朝、福沢小学校では児童たちが保護者の送迎で登校しました。

 小学校では、クマが目撃され始めた2・3週間ほど前から保護者による送迎をおこなっているほか体育の授業を外で行わないなどの対応をとっています。

 また、近くの保育園でもクマよけのためにラジオを流すなど警戒を続けています。

 あとを絶たないクマの目撃。

 地元住民の不安な日々が続いています。

 こうした状況を受けて県は10日今年2回目の緊急対策会議を開き県や市町村の職員猟友会などが最新の情報を共有し人身被害の防止策を再確認します。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.