チューリップテレビHOME > ニュース > ニュース詳細

ニュース

社会

2019年10月10日(木)

※富山県内のニュースです。


 国道8号男性死亡事件 殺人罪で黒部市の32歳男起訴

(2019年10月10日 18時42分)

 先月、魚津市の国道8号で男性が倒れているのが見つかりその後死亡が確認された事件で、富山地検は10日、黒部市の32歳の男を殺人の罪で起訴しました。

 殺人の罪で起訴されたのは、黒部市沓掛(くつかけ)の会社員、高村茂志(たかむら・たかし)被告(32)です。

 起訴状などによりますと、高村被告は、先月8日の午後10時40分ごろ、魚津市仏田(ぶつでん)の国道8号で、新潟県阿賀野(あがの)市の無職澁谷直純(しぶや・なおずみ)さん(54)が、運転席の窓ガラスに、しがみついていることを知りながらおよそ1キロ走行し澁谷さんを転落させたうえ、右後ろのタイヤでひいて死亡させたとされています。

 捜査関係者によりますと、高村被告は「澁谷さんが勝手にしがみついてきた」「自分は悪くない」といった趣旨の供述しているということです。

 地検は、高村被告の認否を明らかにしていません。

カテゴリ関連ニュース
COPYRIGHT(c)2011 Tulip-tv inc. All Rights Reserved.